I-Method

連載完結

iMethodセミナー

本セミナーは、技術管理協会の「JAEMメールマガジン」において、新バージョンを配信中です。同メルマガを申し込めば、バックナンバーを含めて購読可能です。

Iメソッドは、石渡が現役産廃Gメン時代に開発した産廃業者の立入検査手法を発展させた、産廃処理業者優良性診断法です。

本セミナーでは、産廃処理業者の優良性を診断する3つのバージョン、立入調査用のIM−C(クラシック)、公開データ分析用のIM−B(ベーシック)※下記注、経営・財務コンサルタント用のIM−P(プロフェッショナル)について、順次解説していきます。


※注 IM−Bの原型となる分析メソッドの開発にあたっては、株式会社アースデザインインターナショナル(EDI)の協力を得ており、同社が商品化したパッケージも存在します。プロフェッショナルレベルの内容まで含んでおり、同社の提供する他のシステムと組み合わせることで最大の威力を発揮するもので、EDI−石渡メソッドと呼んでいます。詳しくは同社ホームページをご参照ください。(EDI版は有料です。本セミナーではEDI版の解説や紹介は行いません。)
I-Method Forumの運営は石渡が個人的に行っており、EDIの実施している事業とは独立したものです。

産廃情報ネットへのリンク


ご意見はこちらへ